【連載・再処理工場正式合格「識者の目」】インタビュー(4)大原記念労働科学研究所 井上枝一郎理事(75)「常識疑い、安全文化醸成」

原子力産業の品質保証は他産業と比べ、極めて高い水準が要求される。日本原燃にも安全確保を第一とする品質保証体制の構築と、その先にある安全文化の醸成が求められている。実現するためには、現場レベルに常識を疑う意識を根付かせる必要がある。 トラブル.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら