奥入瀬渓流遊歩道の枝168本切断被害 「自然公園法違反に該当」環境省、実態調査へ

はさみのようなもので切断された枝=7月下旬、十和田市
はさみのようなもので切断された枝=7月下旬、十和田市
十和田八幡平国立公園の奥入瀬渓流の遊歩道で7月、地元の自然保護団体の調査により、手で折られたり、切断されたりした木の枝が計168本見つかった。何者かが歩行の妨げになるなどの理由で、独断で行った可能性が高い。被害は遊歩道全域に及んでおり、同団.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら