天鐘(8月2日)

長雨が一段落した夕方、裏山から響くヒグラシの鳴き声を聞いた。一匹が鳴きだすと次々に共鳴し、にぎやかである。今年ももうセミの季節になったことに改めて気がついた▼1年12カ月を代表的な音で表現した那珂太郎さんの詩『音の歳時記』を思い出す。〈八月.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録