八戸三社大祭が開幕 コロナ禍、山車運行なく祭礼のみに

幕を開けた発祥300年目の八戸三社大祭。コロナ禍で規模縮小となったが、初日は山車組関係者による催しが行われ、多くの市民が祭りの雰囲気を楽しんだ=31日午後7時15分ごろ、八戸市三日町のマチニワ
幕を開けた発祥300年目の八戸三社大祭。コロナ禍で規模縮小となったが、初日は山車組関係者による催しが行われ、多くの市民が祭りの雰囲気を楽しんだ=31日午後7時15分ごろ、八戸市三日町のマチニワ
青森県南地方最大の夏祭りで、発祥から300年目を迎えた八戸三社大祭が31日、開幕した。今年の祭りは、新型コロナウイルス感染予防の観点から、神社での祭礼行事のみを執り行い、神輿(みこし)や山車の合同運行は取りやめとなる。一方、期間中には山車組.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら