【連載・再処理工場正式合格「識者の目」】インタビュー(1)東京大大学院 山口彰教授(63)「長期的視点考える段階に/国がビジョン示すべき」

使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)が新規制基準の適合性審査に正式合格した。事業者の日本原燃は操業に向けてハードルを一つ越えた格好だが、現状ではプルトニウムの使い道は限られ、再処理には賛否が渦巻く。核燃料サイクル政策の是非や原燃の品質保証体.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら