八戸三社大祭31日開幕、発祥300年目の夏始まる/コロナ禍で規模縮小

開幕を控え、悪疫退散の願いを込めた山車の仕上げの作業に精を出す制作者ら=30日午後7時50分ごろ、八戸市三日町のマチニワ
開幕を控え、悪疫退散の願いを込めた山車の仕上げの作業に精を出す制作者ら=30日午後7時50分ごろ、八戸市三日町のマチニワ
発祥300年目の節目を迎える青森県南地方最大の夏祭り、八戸三社大祭が31日、開幕する。今年は、新型コロナウイルスの影響で、神輿(みこし)や山車(だし)の合同運行は中止。盛大に記念の祭りを祝うことはできないが、神社での祭礼行事を執り行うことで.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら