天鐘(7月31日)

八戸地方が日照りに苦しんでいるのを見かねた法霊(ほうりょう)という修験者が、雨乞いの祈祷(きとう)をした。だが、雨は降らず「かくなる上は」と三崎社内の池に身を投じた。すると忽然(こつぜん)と雲がわき、篠(しの)突く雨が数日降り続けた▼悪事災.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら