再処理工場正式合格受け 核燃裁判、議論本格化へ/原告団「早期決着と市民運動再燃に」

核燃裁判の本格化で「市民運動の再燃につなげたい」と語る浅石紘爾代表=八戸市
核燃裁判の本格化で「市民運動の再燃につなげたい」と語る浅石紘爾代表=八戸市
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)が29日、国の原子力規制委員会による新規制基準の適合性審査に正式合格した。審査のために長く停滞していた再処理工場事業指定取り消しの行政訴訟は今後、審理が本格化する見通しだ。八戸市に事務局を構える.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら