八戸三社大祭、31日に幕開け 発祥300年目、祭礼行事は挙行/特別イベントも続々

本番に向けて、練習に精を出す淀山車組の子どもたち=29日午後7時10分ごろ、八戸市(撮影・井深裕介)
本番に向けて、練習に精を出す淀山車組の子どもたち=29日午後7時10分ごろ、八戸市(撮影・井深裕介)
今年が発祥300年目の記念となる八戸三社大祭は31日、例年通り8月4日まで5日間の日程で幕を開ける。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、八戸市中心街での神輿(みこし)と山車の合同運行などは見送られるが、神社の祭礼行事は関係者のみで執.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら