Free秋の味覚 早くも市場にお目見え

早くも市場にマツタケお目見え
早くも市場にマツタケお目見え

八戸市中央卸売市場に、秋の味覚の代表格・マツタケ=写真=が早くもお目見えし、関係者を驚かせている。先週から青森県下北地方産が入荷し始め、27日は岩手県産も上場。物珍しさから写真を撮る人も相次いだ。
 実は愛好家の間では「土用マツタケ」「梅雨マツタケ」などとして知られた存在。気温の変動や降雨量などで秋のような条件がそろうと生える。青森県きのこ会指導鑑定員の江口一雄さん(69)によると、「特別多くはないが今年もぱらぱら出ている」という。 
 本格的なシーズンでないとは言え、香りはマツタケそのもの。競りでは6本入り290グラムに1万6千円の値が付いた。しぶとい梅雨ですっきりしない日が続くが、高級食材の恵みがあると思えば我慢できるかも。