【連載・八戸三社大祭「伝統の原点へ」】インタビュー編(2)「祭りの楽しさ感じる場所」長者山新羅神社宮司・柳川浩志さん(82)

「長者山は祭りならではの楽しさを感じる場所」と語る柳川浩志さん=13日、八戸市
「長者山は祭りならではの楽しさを感じる場所」と語る柳川浩志さん=13日、八戸市
八戸三社大祭は、本来の趣旨である宗教的な祭礼としての性格に加え、多くの人々が年に一度集う楽しみの場としても親しまれてきた。長者山新羅神社で宮司を務める柳川浩志さん(82)は「龗(おがみ)神社が祭礼の起源だとすれば、長者山は祭りならではの楽し.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら