【連載・東京パラ「リスタート」】(5・完)大井利江(砲丸投げ)

東京パラリンピック開催を信じて、投てき練習に励む大井利江=3日、洋野町種市運動場 
東京パラリンピック開催を信じて、投てき練習に励む大井利江=3日、洋野町種市運動場 
緑色の芝が広がる今月初めの洋野町種市運動場。ここが東京パラリンピック砲丸投げ代表候補・大井利江(71)=洋野町在住=の練習拠点だ。コロナ禍で一時は使用中止となったが、5月末から再開。“ホームグラウンド”での練習は、管理担当者が投てき台を準備.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら