一関学院が頂点/夏季岩手県高校野球・県大会

【一関学院―盛岡大付】7回一関学院2死満塁、佐々木春磨の中前打で4―1とリードを広げる=県営(代表撮影)
【一関学院―盛岡大付】7回一関学院2死満塁、佐々木春磨の中前打で4―1とリードを広げる=県営(代表撮影)
夏季岩手県高校野球大会の県大会最終日は26日、県営野球場で決勝を行い、一関学院が4―1で盛岡大付を下し、頂点に立った。 一関学院は三回に3点を先制。四回から登板した小綿が力投し、相手打線を抑え込んだ。盛岡大付は四球などを足掛かりに好機をつく.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら