市少年少女発明クの活動に役立てて 上北建設、十和田市に寄付

十和田市の上北建設(田島一史社長)は21日、市少年少女発明クラブ(佐々木忠一会長)の活動費に充ててほしいと、同社が発明した「ピタリング」の売り上げの一部から、市に対して12万円を寄付した。 ピタリングは、交通規制箇所の手前に設置し、車両が通.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら