【連載・東京五輪「リスタート」】(3)古川高晴(アーチェリー個人)

近畿大アーチェリー部の練習場で鍛錬に励む古川高晴=6月中旬、奈良県生駒市(近畿大提供) 
近畿大アーチェリー部の練習場で鍛錬に励む古川高晴=6月中旬、奈良県生駒市(近畿大提供) 
「日々成長すること、後退しないこと」。ロンドン五輪アーチェリー個人銀メダリストで、5大会連続出場の期待が掛かるベテラン・古川高晴(35)=青森市出身、近畿大職=が、常日頃意識していることだ。新型コロナウイルス感染症の収束のめどが立たず、五輪.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら