時評(7月25日)

政府が二酸化炭素(CO2)排出量の多い旧式の石炭火力発電所を休廃止する方針を決めた。石炭火力発電の輸出支援の要件も厳格化するという。 世界の脱炭素の流れに逆行するこれまでの政府の姿勢が変化したとの印象も与える。だが、政府方針を精査すると、「.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら