八戸市新美術館 オープンまで残り1年、工事進捗率6割/新たな人の流れ生み出せるか

建設工事が進む八戸市新美術館。左は青森銀行八戸支店の新店舗=7月中旬、八戸市 
建設工事が進む八戸市新美術館。左は青森銀行八戸支店の新店舗=7月中旬、八戸市 
八戸市が市庁前に建設中の新美術館が、2021年夏ごろのオープンまで残り1年となった。5月末現在の工事の進捗(しんちょく)率は約6割で、建物本体は早ければ今秋にも完成する見通し。約1年間の“慣らし期間”を経て、開館する。新美術館は市民の文化・.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら