Free「百高カップ」開催 中学生対象にレシピコンテスト

コンテストの成功に向けて意気込む百高カップ2020実行委員会各班のチーフ
コンテストの成功に向けて意気込む百高カップ2020実行委員会各班のチーフ

青森県立百石高(中村豊校長)は本年度、中学生に地元食材のナガイモを使ったレシピ作りに挑戦してもらう地産地消レシピコンテスト「百高カップ2020」を初開催する。生徒が主体となって企画運営しており、積極的な応募を呼び掛けている。応募締め切りは8月31日必着。
 生徒が郷土理解を深めるとともに、参加中学生の地元食材や調理への関心を高めるのが目的。同カップ実行委員会の生徒が主体となり、企画、運営、審査、記録の4班に分かれて準備に当たっている。
 おかずとスイーツ・デザートの2部門で募集。外部からの審査員や生徒らで審査し、各部門のグランプリ1人と奨励賞若干名を決定。10月中に同校で表彰式を実施する予定だ。
 企画班チーフの2年鳥谷部龍士さん(16)は「友達を誘って応募してもらいたい。企画をきっかけに料理に挑戦して」と笑顔。
 実行委員長兼審査班チーフの2年石井瑠奈さん(16)は「中学生に料理を好きになってほしい。地元の食材を知るきっかけにもなれば」と呼び掛ける。
 対象は青森県内在住の中学1~3年生で、個人での応募とする。同校は既に県南地域の66中学校に募集要項と応募用紙を郵送した。応募用紙は同校のホームページからもダウンロードできる。
 応募用紙に作り方などを記入し、写真を貼り付けて応募。郵送かメール、直接持参で受け付ける。8月31日必着。
 申し込み、問い合わせは〒039―2223、おいらせ町苗平谷地46、百石高=電話0178(52)2088=へ。