虫や鳥のすみか整備 六戸小児童が協力/六戸高さつき沼ビオトープ化

昆虫の巣や越冬場所となる「インセクトホテル」作りを手伝う六戸小児童
昆虫の巣や越冬場所となる「インセクトホテル」作りを手伝う六戸小児童
青森県立六戸高(吉田繁徳校長)の1、2年生約110人が17日、六戸町の舘野公園内にあるさつき沼周辺のビオトープ化を進める2回目の作業を行った。今回は町立六戸小の4年生29人も協力。高校生や町民有志と共に、昆虫や鳥が生息しやすくするための環境.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら