絵画で広がる世界 自閉症の和田さん(八戸)が初個展/仲間との交流も励みに

安藤清一さん(左)のアドバイスをもらいながら絵画に没頭する和田彰史さん=10日、八戸市
安藤清一さん(左)のアドバイスをもらいながら絵画に没頭する和田彰史さん=10日、八戸市
絵画で自分の世界を広げたい―。八戸市の和田彰史(あきふみ)さん(43)は、自閉症の壁をものともせずに絵画に打ち込んでいる。和田さんの作品は、緻密な表現でありながら、常識にとらわれない大胆な構図や色使いが特徴。絵画は和田さんにとって自分を表現.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら