青森県独自品種ジュノハート、高級イメージ保護か収入優先か/規格外品の扱いが課題

八戸市中央卸売市場に出荷された規格外ジュノハート(左手前の3箱)=13日
八戸市中央卸売市場に出荷された規格外ジュノハート(左手前の3箱)=13日
今月、全国デビューを果たし、注目を集めているサクランボの青森県独自品種「ジュノハート」。高級イメージを保つため、当初は出荷規格外品は流通させない方針だったが、手間暇を掛けた収穫物を無駄にしたくないという生産者の思いと、安価に買い求めたい消費.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録