時評(7月22日)

高校生でプロ棋士の藤井聡太七段が将棋八大棋戦の棋聖を奪取した。17歳11カ月、プロデビューからわずか3年余りの快挙であり、30年ぶりに最年少タイトル獲得記録を更新した。 相手は現在、将棋界最強と言われている渡辺明九段。3勝1敗の堂々たる内容.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら