東通村と弘前大が農業振興で連携協定を締結/「寒立菜」ブランド化など推進

農業振興で連携協定を締結した越善靖夫村長(左)と福田眞作学長=21日、東通村役場
農業振興で連携協定を締結した越善靖夫村長(左)と福田眞作学長=21日、東通村役場
東通村と弘前大は21日、村の農業振興で連携協定を締結した。本年度は寒締め野菜「寒立菜」のブランド化、安定的な農業経営に向けたモデル構築など三つの調査研究事業に着手する。 村によると、寒立菜は冬季のホウレンソウ栽培が中心。2019年度は生産者.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら