大間町商工会青年部が町に手持ち花火寄贈 「お盆花火」風習後世に 児童、生徒向けに

金澤満春町長(右)に手持ち花火を寄贈した大間町商工会青年部の小濱年高部長(左)と舘脇亮副部長
金澤満春町長(右)に手持ち花火を寄贈した大間町商工会青年部の小濱年高部長(左)と舘脇亮副部長
大間町商工会青年部(小濱年高部長)は16日、町内の子どもたちに花火を楽しんでもらおうと、町に手持ち花火380袋(1袋13本入り)を寄贈した。小濱部長は「町ではお盆の入りの迎え火として花火をする風習があるが、失われつつある。子どもたちに伝えて.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら