本三戸八幡宮(南部町)に伝わる「花厳院文書」 所有者が町に寄贈

南部町に寄贈された「花厳院文書」。右奥は仏像と厨子
南部町に寄贈された「花厳院文書」。右奥は仏像と厨子
三戸南部氏の氏神だった本三戸八幡宮(南部町)に伝わる古文書群「花厳院文書(けごんいんもんじょ)」計513点が、同町へ寄贈された。鎌倉時代から明治時代まで別当職(神職)を務めた佐々木家の所蔵品で、流鏑馬(やぶさめ)神事の始まりなど中近世の南部.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら