【商業捕鯨再開1年】販路拡大と安定相場不可欠 秋以降、八戸拠点に漁実施も

八戸港拠点の沿岸商業捕鯨で初めて水揚げされたミンククジラ=4月24日、八戸市第1魚市場前岸壁
八戸港拠点の沿岸商業捕鯨で初めて水揚げされたミンククジラ=4月24日、八戸市第1魚市場前岸壁
日本の国際捕鯨委員会(IWC)脱退に伴う商業捕鯨再開から7月で1年が過ぎた。青森県内では千葉県などの事業者が4~6月、八戸、大畑両港を拠点に本格的な沿岸操業を行い、ミンククジラ45頭を水揚げ。鯨肉は八戸市内の解体所で処理され、市場を通じ市内.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら