天鐘(7月19日)

店で出来たてをすぐ口に入れられる握り寿司は、短気でせっかちな江戸っ子にはうってつけだった。一方で、そんな江戸の庶民も気長に待った食べ物がある。ウナギの蒲焼(かばや)きだ▼元々、時間の掛かる料理である。捌(さば)きから焼き上がりまで、香の物を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録