八戸・新大橋/既設橋の撤去費用が約16億円の見通し 年度内撤去へ

既設橋の撤去工事が進む新大橋。橋脚は残り3基となった=7月中旬、八戸市沼館側から市の許可を得て撮影
既設橋の撤去工事が進む新大橋。橋脚は残り3基となった=7月中旬、八戸市沼館側から市の許可を得て撮影
八戸市の沼館地区と八太郎・河原木地区を結ぶ「新大橋」の架け替え事業で、既設橋の撤去費用が約16億円に上る見通しになったことが17日、市への取材で明らかになった。撤去は計画通り2020年度に完了予定で、新設橋は25年度末の供用開始を目指す。一.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら