東通原発周辺断層 東北電の評価了承/規制委

原子力規制委員会は17日、東北電力東通原発(東通村)の新規制基準適合性を確認する審査会合を開き、敷地内外にある周辺断層を震源として評価する必要はないとする東北電の主張を了承した。 敷地内の断層を巡っては、規制委の有識者調査団が新基準施行前の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら