天鐘(7月18日)

中国の南北朝時代、梁(りょう)という国の司令官蕭明(しょうめい)が敵をなかなか攻撃しないので、部下が理由を質(ただ)すと「自らの機に臨みて変を制す」と答え、余計なことは考えなくいいと叱ったという▼「状況を把握し、変化に適応して動く」という意.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら