時評(7月16日)

家族間で深刻な紛争になりがちなのが故人の不動産や預貯金などの遺産相続だ。トラブル防止に役立てるため、故人手書きの自筆証書方式で作られた遺言書を法務局が保管する新制度が全国で実施された。 本人が法務局に行って申請書を提出し、本籍が記載された住.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録