むつ市長懸念に「心配共有」/「Go To」実施で赤羽国交相が理解求める

「そうした心配は共有している」―。新型コロナウイルスで打撃を受けた政府の観光支援策「Go To トラベル」を巡り、宮下宗一郎むつ市長が感染拡大への懸念を示したことを受け、赤羽一嘉国土交通相は14日の閣議後会見でこう述べ、対策を徹底した上での.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録