帯島小3年が稚ウニ見学 町特産ウニの理解深める

水槽内の稚ウニを見たり、触ったりする子児童
水槽内の稚ウニを見たり、触ったりする子児童
洋野町立帯島小(阿部俊一校長)の3年生と保護者ら約30人は9日、同町の岩手県栽培漁業協会種市事業所で、飼育水槽内の稚ウニを見学した。 町が力を入れている海洋教育の一環として、親子に町内の特産品について理解を深めてもらうのが目的。 子どもたち.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら