Freeむつ市長、観光施設の閉鎖検討 国の旅行キャンペーンに合わせ「市民の感染防止目的」

むつ市は13日、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた業界を支援する国の旅行キャンペーン「Go To トラベル」が始まる22日に合わせ、市の観光施設の閉鎖を検討していることを明らかにした。不特定多数の観光客往来による市民の感染防止が目的で、宮下宗一郎市長が13日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で関係部局に対応を指示した。
 新型コロナ感染者は、全国の移動自粛制限が解除されて以降、東京を中心に全国各地で再び増加に転じている。宮下市長はキャンペーンを介して感染者が発生する可能性を指摘し、「(市民が)今まで我慢してやってきたことが水泡に帰す」と危機感をあらわにした。
 その上で「国がどういうキャンペーンをしようが、市には市民を守る責務がある」と強調。移動自粛制限が解除されているため、市に観光客が訪れるリスクを取り除くしかない―との考えを示した。
 このほか、宮下市長は陸奥湾で今月行われる海上自衛隊と米海軍の日米掃海訓練に関し、市が新型コロナ感染防止対策徹底を要請した米軍側から回答があったことを説明。米軍は「米艦艇の乗組員は市内への外出はしない」「患者が発生した場合は艦艇内で隔離する」など、要請した事項に応じる姿勢を見せたという。