Free大雨で河川氾濫や土砂災害の恐れ/三戸で避難指示など各地警戒(午前10時現在)

避難指示の発令を受け、三戸町アップルドームに避難した地域住民=12日午前9時ごろ
避難指示の発令を受け、三戸町アップルドームに避難した地域住民=12日午前9時ごろ

前線と低気圧の影響で、青森県南や岩手県北の両地方では11日から大雨に見舞われ、河川の氾濫や土砂災害などへの警戒が高まっている。12日午前10時現在、各地での被害は確認されていない。
 馬淵川の氾濫の可能性が高まったとして、三戸町は橋ノ下、落合、関根川原の3地区に避難指示を発令。南部町、二戸市、一戸町では危険区域に避難勧告、八戸市の櫛引、八幡、上野の3地区では避難準備・高齢者等避難開始をそれぞれ出した。土砂災害の恐れがあるため、田子町と階上町では町内の警戒区域に避難勧告を発令した。
 八戸市河原木の市道が一部冠水し、午前9時から通行止めとなっている。
 三戸町では、避難所の同町アップルドームが午前6時に開放され、午前8時半時点で38人が避難。同ドームでは3密を防ぐため、畳敷きの研修室2室と、競技場を開放してスペースを確保。受け付けの際は非接触型体温計で体温を測り、マスクの着用を求めた。
 同町関根川原地区で1人暮らしという80代女性は「これまでも床上浸水の被害に遭い、家財道具がだめになったことがある。今回は何事もなければいいが…」と気をもんでいた。