幻のサクランボ「Jのしずく」 独自品種研究の道開く

「果汁が多く懐かしい味」とJのしずくを育成している小林正明さん=9日、八戸市南郷
「果汁が多く懐かしい味」とJのしずくを育成している小林正明さん=9日、八戸市南郷
全国デビューを果たし、注目を集めているサクランボの青森県独自品種「ジュノハート」。県が品種登録したサクランボとしては2例目で、20年以上前に開発された第1号の“先輩”がいる。名は「Jのしずく」。「裂果しにくく味も良い」との触れ込みだったが、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら