酒米「吟烏帽子」生育順調 JA八戸水稲部会三戸酒米支部が現地検討会

川村陽一主幹専門員(左から2人目)から「吟烏帽子」の生育状況などの説明を受ける参加者=10日、三戸町貝守向平
川村陽一主幹専門員(左から2人目)から「吟烏帽子」の生育状況などの説明を受ける参加者=10日、三戸町貝守向平
JA八戸水稲部会三戸酒米支部(中澤隆浩支部長)は10日、酒米を栽培する三戸町内の水田4カ所で現地検討会を開き、生育状況を確認した。2018年から本格的な栽培が始まった「吟烏帽子(ぎんえぼし)」は、田植え後の好天で平年より若干早く幼穂形成期に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録