八戸高専・自殺未遂問題 第三者調査委が報告書まとまる

2017年に八戸高専の男子学生=当時(17)=が自殺を図り、下半身不随の大けがをした問題で、同校が設置した外部有識者で組織する第三者調査委員会が報告書をまとめたことが、10日までに分かった。同校は開示時期については未定としつつ、「元学生の家.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら