Free「ジュノハート」使用のスイーツ11、12日限定販売/八戸の2洋菓子店

ル・プレジールで限定販売する「ジュノハートのタルト」
ル・プレジールで限定販売する「ジュノハートのタルト」

八戸市の洋菓子店で11、12の両日、青森県産サクランボの独自品種「ジュノハート」を使用したスイーツを限定販売する。関係者は「話題のフルーツとスイーツのコラボを楽しんで」とアピールしている。
 ジュノハートの需要拡大と規格外果実の有効活用を狙い、八戸中央青果が生産者と協力して開発を依頼した。同市根城5丁目の「ル・プレジール」は、「ジュノハートのタルト」を各日20個限定で販売する。
 甘みの強いジュノハートに合わせ、酸味のあるサワークリームを使ったといい、鈴木隆悦オーナーシェフは「大玉で乗せた時の迫力が違う。しっかりした果肉と濃厚なクリーム、さくっとしたタルト生地の歯ごたえを楽しめる」と出来栄えに自信を見せた。1個650円(税込み)。店頭販売のみで、予約は不可。
 このほか、東白山台3丁目の「ロジ」でも、タルトの販売を予定している。