Free奥入瀬の魅力 英語でガイド/十和田西高観光科3年

雑談を交えながら、奥入瀬渓流を英語でガイドする生徒(右)
雑談を交えながら、奥入瀬渓流を英語でガイドする生徒(右)

青森県立十和田西高(山口良彦校長)の観光科3年生が3日、十和田市の奥入瀬渓流を英語で紹介するガイドツアー実習を行った。市内外の外国語指導助手(ALT)3人を観光客に見立てて案内し、地元が誇る観光地の魅力を伝えた。
 同科は、地域や観光資源について学ぶ県内唯一の学科。ガイドツアーは2年次から学ぶ「観光英語」の一環で、ガイドで培った知識を生かしながら、実践的な英語力を学ぶのが狙い。昨年から試験的に実施し、今回で2回目。新型コロナウイルスの感染防止対策として、フェースガードを着用して実施した。
 この日、生徒23人と観光客役のALTは、奥入瀬渓流の石ケ戸休憩所から雲井の滝までの2・6キロのコースを散策。生徒は3班に分かれ、ALTと英語での雑談で交流を深め、各ポイントの名所に到着すると、ジェスチャーを交えながらガイドした。
 ツアー終了後は学校に戻り、生徒たちが2年次に取り組んだ研究テーマを英語で紹介。官庁街通りの桜並木や、南部地方で古くから親しまれる菱(ひし)刺しなどを説明した。
 今回のガイドに向けて、クラスメートと放課後に集まって練習を重ねてきたという坂田萌絵さん(17)は、奥入瀬渓流までのバス内のガイドと発表の司会を担当。「もう少し工夫したい部分も見つけたが、ALTの先生とうまくコミュニケーションが取れてよかった」と成果を実感していた。