熱中症懸念の中…マスクで夏場どう乗り切る

夏本番を前にマスク売り場では冷感素材など対策を施した商品が注目を集めている=6月下旬、八戸市のサンデー
夏本番を前にマスク売り場では冷感素材など対策を施した商品が注目を集めている=6月下旬、八戸市のサンデー
新型コロナウイルスの感染拡大で、生活の必需品となったマスク。着用することが「新たなマナー」として定着し始めているが、本格的な夏の到来を前に、青森県内ではマスク姿の市民から「熱中症が心配」などの不安が漏れる。ホームセンターや衣料品店などでは、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録