グループホーム「音寿園」(八戸)色鮮やかな山車絵完成させる/感染症収束へ祈り込めて

利用者と職員が「桃太郎がコロナを退治してくれますように」と願いを込めて作った山車絵
利用者と職員が「桃太郎がコロナを退治してくれますように」と願いを込めて作った山車絵
八戸市沼館1丁目のグループホーム「音寿園」(江刺家悦子管理者)の利用者と職員計42人が、お花紙を使って約1メートル四方の色鮮やかな山車絵を完成させた。江刺家管理者は「全員で楽しみながら、感染症の収束への祈りを込めて作った」と語った。 同施設.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら