時評(7月4日)

プーチン大統領(67)の長期続投に道を開くロシアの憲法改正を巡る全国投票で、圧倒的多数が承認する結果が出た。中央選管の暫定集計では賛成が8割近くに達し、過半数を必要とする要件を満たした。 プーチン氏は2024年に任期切れを迎えるが、憲法改正.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら