看護師の「特定行為研修」10月開始 青森中央学院大、県内初

青森中央学院大(青森市)は10月から、医師の判断を待たずに診療の補助行為ができる看護師を育成する「特定行為研修」を開始する。同大には看護学部があり、青森県内で特定行為の研修機関が指定されるのは初めて。受講できるのは5年以上の看護実務経験があ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら