Free「あおり運転」暴行容疑でおいらせの男性を書類送検 

今年4月においらせ町の第2みちのく有料道路で、走行中に急ブレーキをかけて車を止め、後続車を停止させた「あおり運転」をしたとして、青森県警高速隊と交通指導課は1日、同町の男性会社員(62)を暴行容疑で書類送検した。あおり運転に暴行罪が適用されるのは県内で初めて。罰則を強化した改正道交法が施行される前の事件のため、同法の妨害運転罪は適用されない。
 送検容疑は4月18日午前8時15分ごろ、合流車線から本線に入ろうとした際、本線を走行してきた20代の無職女性=県南地方在住=の軽乗用車を追い抜き、停車させた疑い。
 高速隊によると、現場は片側1車線で、制限速度は60キロ。自動車専用道路のため、駐停車は禁止となっている。男性は車を停車した後、車を降りて女性に対し「開けろ」と迫ったが応じなかったため、車に乗って走り去った。
 調べに、男性は「道を譲ってもらえなかったと思い、憤慨してしまった」と述べ、容疑を認めている。