RFSの核燃料搬出先 梶山氏「大きな検討課題」

梶山弘志経済産業相は30日、リサイクル燃料貯蔵(RFS)がむつ市で進める使用済み核燃料の中間貯蔵事業で、受け入れ予定の核燃料の搬出先について「検討していかなければならない大きな課題だ」との認識を示した。 同日、同市で行われた青森県内の原子力.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録