八戸赤十字病院、入り口にサーマルカメラ設置/7月1日から稼働

サーマルカメラの機能を確かめる関係者=30日、八戸赤十字病院
サーマルカメラの機能を確かめる関係者=30日、八戸赤十字病院
八戸赤十字病院は30日、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、正面入り口と救急入り口に、体温を自動計測するサーマルカメラを各1台設置した。7月1日から稼働させる。 同カメラは、体温が37度以上ある人にライトの点滅や音声で知らせる。 同.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら