八工大がSDGs研究へ 7月から島守地区で3年間/地域社会維持のヒント探る

プロジェクトの実施を発表する(左から)星野保教授、坂本禎智学長、上野大輔事務局長=26日、八戸工業大
プロジェクトの実施を発表する(左から)星野保教授、坂本禎智学長、上野大輔事務局長=26日、八戸工業大
国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)をテーマとした研究や教育活動として、八戸工業大(坂本禎智学長)は7月から、八戸市南郷島守地区を対象とした「しまもりSDGs実践プロジェクト」を開始する。同地区に残る自然環境や社会資源の調査研究を通じ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら