野辺地西高の男子生徒自殺問題 第三者委員会「いじめ認定できず」報告書案まとめる/遺族は反発

2019年に八戸学院野辺地西高2年の男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、学校側の設置した第三者委員会が「いじめがあったと認定できない」とする報告書案をまとめたことが23日、第三者委などへの取材で分かった。7月中に正式な報告書としてまと.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら