鉄道のレール跡やヒバ切り株も/六ケ所村、ふるさとの歴史学ぶ

森林鉄道のレールに触れる参加者
森林鉄道のレールに触れる参加者
六ケ所村立郷土館(鈴木浩館長)は21日、ヒバ材を運ぶ森林鉄道が走っていた同村二又地区の林道で、「ふるさと歴史散歩」を開催した。村内外から参加した29人が、鉄道のレール跡やヒバの切り株などを眺めながら、林業のかつての隆盛に思いをはせた。 歴史.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら